三河繊維製品を知る
蒲郡なう!(産地最新情報)
産地企業の新着情報
三河縞
ルネッサンス事業

三河繊維産地の今
その歴史
人物紹介

 織物基礎知識

 織物豆辞典

 織物Q&A


【1903年】
 明治32年(1903)に、藤田伊助氏を組長とする愛知県三河織物同業組合が結成されました。
 組合は、製品の向上を徹底させるために、まず検査機関の確立を計画しました。検査主任などを決めて、染色堅牢度や密度等を厳しく検査し、染色技術を進歩させるために染色研究会を結成して、毎年染織講習会を行ったり、工場の巡回指導を行うなどして、事業は進捗していきました。
 その結果、明治37年(1904)に65万反だった生産量は10年後の大正3年(1914)には140万反に増加しました。
 しかし、工場で使用していた織機は、以前と同じチャンカラ機でした。チャンカラ機は、回転機構のない木製の簡単な織機のため生産能力は低く、優秀な工女でも1日2反が限界でした。この状態では、ますます増え続ける需要に対応することは出来ないと思い、遠州で足踏織機が発明されました。これを運転するのには足で踏木を踏み、この踏木が原動力となって軸を動かす回転機構のあるものでした。
 最初、小田治作氏が浜松製牛田式足踏織機を購入し、朝鮮向け白木綿を製織しました。それから、稲好忠平氏、吉見信太郎氏等は足踏織機で縞物を行い、その優秀性を確認しました。その結果、明治39年(1906)には同業組合が足踏機奨励のため、牛田式200台を共同購入して、さらに製品の増産を向上させました。
 また、さらに革新的な人々によって、力織機設置の努力がありました。明治36年(1903)藍染業兼機業家の竹内芳太郎氏は、たまたま九州を旅行した時、久留米の機業地を視察しました。当時、久留米の国弐工場では木綿縞(久留米縞と呼ばれるもの)1反3円以上という高級品を製造していました。また赤松工場では、すでに豊田式力織機が完全に運転を続けていました。愛知県で生産された豊田式力織機が九州で運転されているのだ、と竹内氏は感動して九州より帰り、そしてついに鈴木権右衛門氏と共に三谷町海岸の近くに工場をつくり、織機50台を設備して、この地方としては最初の力織機運転を始めました。力織機は浜松の高柳式を採用し、松井式石油発動機8馬力を原動機としていました。この発動機は成績良好だといわれているが、力織機運転工場としては附近に例がないため、参考とするものもなく、原動軸や軸受、その他の取り付けにも不備の点が多く、運転は順調に進まず、成績はよくありませんでした。約1年継続されましたが、たまたま火災にあい挫折してしまいました。
明治43年(1910)小林礼三氏は自家使用中の牛田式足踏織機を改造して、当時その道の技術に勝れていた鈴木政吉氏を招いて、約1ヶ月間で12台を改造し、動力運転に成功しました。動力には中山式石油発動機を採用しました。
足踏織機でも動力織機でも1台当りの織上り反数はとくに増えなかったが、工女1人で織機3台を持てるようになったので、織物1反に対する生産費は大幅に減少しました。

BACK TOP


●愛知県三河織物同業組合【あいちけんみかわおりものどうぎょうくみあい】明治32年(1903)に、藤田伊助氏を組長とし結成されたもの。、製品の向上を徹底させるため、検査機関の確立を計画し、染色堅牢度や密度等の検査、工場の巡回指導などを行う。
本文へ戻る


●染色堅牢度【せんしょくけんろうど】染色した糸又は織布は製造工程中に精練、炭化、毛焼、酸、アルカリ等の処理を受け、使用に当っては光、風雨、汗、淡水、海水、摩擦、洗濯、乾燥、熱圧等の作用を受ける。染色物がこれらの作用に会った時のその色の耐久力の程度(安程度)をその色の堅牢度という。
本文へ戻る


●チャンカラ機【ちゃんからき】バッタン機、又は飛杼(しゃくり)の通称。手機で杼投と筬打をする装置。
本文へ戻る


●工女【こうじょ】工場で働く女性。
本文へ戻る


●足踏織機【あしぶみおりき】足で踏木を踏み、踏木が原動力となって軸を動かす回転機構のある織機。
本文へ戻る


●白木綿【しろもめん】白無地の木綿織物。
本文へ戻る