三河繊維製品を知る
夢織人イベント情報
産地企業の新着情報
三河縞
ルネッサンス事業

三河繊維産地の今
その歴史
人物紹介

 織物基礎知識

 織物豆辞典

 織物Q&A


古代の繊維 ┃三河木綿 ┃綿の栽培法綿紡ぎ木綿の売買織機の変遷

【三 河 木 綿 】
●木綿以前の衣布
 縄文末期から弥生期の温暖な三河地方の衣料は、(くず)・山藤・山桑・大麻等の野生樹木の繊維布であった。弥生期に稲作技術と同時期に「苧麻」の植生繊維が伝来しいち早く生産されたが、暖かくて柔らかい「絹」は貢ぎ物として献上したので一般庶民の衣服とはならなかった。苧麻も急速に発展するが、この地方は良質の葛が多く野生していたことから、室町末期頃まで麻や苧麻を経糸に葛を緯糸に織る布が庶民の衣布の中心であった。以後綿生産の拡大で緯糸を織り込み、暖かくて柔らかい木綿衣料へと変化した。
 絹着の禁止は江戸期になって一層厳しくなり、寛永5年(1628)百姓の衣料は「庄屋は妻子共絹袖布木綿・脇百姓は布木綿許可着巣之」とあり。より厳しくなり慶安2年(1649)の御触書では「百姓は衣類の儀、布木綿よりほかは帯・衣裏にも絹つつまじき事」と命じている。

●木綿の歴史
 前記述にある、延暦18年幡豆郡天竺村(今の愛知県西尾市)に漂着した、崑崙(コンロン)人の綿種は高温地綿種であったため日本では繁殖しなかった。
 我が国の綿業の移植は、15世紀中頃に明国(現 中国)綿種が、朝鮮経由で改めて輸入され中部地区以西に普及するよになった。この綿種はいち早く三河地方に伝わり栽培生産され商品化されている。国産木綿が初めて文献に見えるのは、永正7年興福寺大乗院に残っている「永生年中記」に「三川木綿」と記されている。三河産の木綿が商品として出回っていたのである。
多くの文献を調べて見ると各木綿産業へ安定定着した記路は
 『三河』 永正7年(1510)
 『九州』 弘治年間(1555〜1557)
 『近畿4国の河内・摂津・泉・播磨』 天正年間(1573〜1591)
 『武蔵』 天正8年(1580)
 『大和』 天正16年(1588)
 『甲州』 文禄3年(1564)
 『土佐』 文禄4年(1595)
とあり三河が我が国木綿産業の最初に定着発展した土地であった。17世紀までは三河木綿産地は、西三河の矢作川流域地帯が中心であったが、蒲郡地方はそれに次ぐ生産地であり、製品は白木綿が主であった。
 天下平定の江戸時代から「綿耕作・糸紡ぎ・機織り・木綿販売」が分業して各々が機業組織化されて、最大基幹産業として地域経済を担っていた。
 
●蒲郡地方の綿作
 かっての当地方の綿作は、畑・堤防・散田(課税外荒廃地)等で栽培されていた。温暖な土地で稲作にも適していたが、常に灌漑不足に悩まされている当地の村では最適作物として戦国時代から多く栽培され充分に自給自足されていた。江戸中期から木綿製品の需要増で価値観が上がり増産されるようになった。
当地方では江戸時代から各村々で多くの新田開発がされているが、灌漑整備が乏しく水不足で8割が小さな切添畑地開発であった。綿栽培は肥料に費用がかかったが現金収入の有力な手段であり、当時は稲作より有利といわれ、綿作は表作として盛んに行われ、裏作は麦畑として利用された。この地方の最も古い記録は寛文7年(1667)形原(今の蒲郡市形原町)の「一色村木綿田三割引帳」であるが、当地方の各村々でもこの頃には綿作が行われていたと十分想像される。

BACK TOP NEXT


●葛【くず】まめ科の繊維植物である。わが国各地、特に鳥取県に多く産し、沖縄、台湾、朝鮮にも育生する。繊維は淡黄色又は灰色でその單繊維は長さ0.95〜4.2cm、巾1.01〜0.02mmで外層はリグニン化している。この繊維を針先で適当の太さに裂いて紡績して糸を得る。この糸を緯糸に用い、経糸に綿叉は亞麻糸を用いて織るのが葛布である。
本文へ戻る


●山藤【やまふじ】まめ科の繊維植物である。山地に自生する多年生草本で、本州各部及び四国に産し、蔓は強靭でものを縛ったり、籠等を編むのに用いる。また機械製繊及び醗酵精練もしくは化学精練によって靭皮繊維を採り布を織る。
本文へ戻る


●大麻【たいま】桑科に属する一年生草本で、わが国で一般に麻といえば大麻をいう。ソ連、イタリー、北米、欧州、トルコ、チリー、インド、中国等が主な産地である。わが国では栃木(赤木系、白木系、青木系等がある)広島、長野の各県が多い。大麻繊維は1〜2m位の長さで3mに及ぶものもある。強力は綿花、亞麻に優るが伸度は劣り、折れ易く吸湿性がある。耐水性があり腐敗し難い。靭皮繊維は網索、漁網、畳糸、鼻緒芯、釣糸、絞染の絞糸、弓弦、蚊帳等に用いられる。
本文へ戻る


●絹【きぬ】普通生糸を原料とした絹糸、絹組物、絹編物、絹織物を総称していう。広義では生糸及び柞蚕糸、並びに野蚕糸、絹紡糸を原料とした絹製品を含めていう。
本文へ戻る


●貢ぎもの【みつぎもの】人民がおさめる穀物以外の物品の租税のこと。
本文へ戻る


●苧麻【ちょま】イラ草科に属する多年生草本で、到る処の山野に自生するが栽培もされている。苧麻繊維は、強靭で光沢、色相共に美しく、冷感を覚えるので、夏季衣料用として常用され、着尺地、洋服地、シャツ地、ハンカチーフ、タオル、ホース、調帯、カンバス、電気絶縁布、タイヤ芯、紐類、釣糸、縫糸、漁網、綱等広汎な用途に供される。
本文へ戻る


●経糸【たていと】織物を構成する糸で、緯糸に対する他の一組の糸。織物の縦方向に並んだ糸で、原則として組織に従い緯糸の上又は下となって直角に組み合わされている。
本文へ戻る


●緯糸【よこいと】織物を構成する糸で、経糸に対する他の1組の糸。織物の横即ち耳と直角の方向に並んだ糸で、原則として経糸と直角に、組織に従ってその上又は下となって組み合わされている。
本文へ戻る


●崑崙人【こんろんじん】中国西部の山岳少数民族で799年に日本に漂着し、木綿を日本に伝えたとされています。
本文へ戻る


●三川木綿【みかわもめん】愛知県三河地方から産出する白木綿の総称。古くから三河は綿花の栽培地で、明治初年愛知県宝飯郡三谷町(今の蒲郡市三谷町)でこれを紡ぎ、白木綿を製織したのが、三川木綿の初めてである。
本文へ戻る


●白木綿【しろもめん】白無地の木綿織物。
本文へ戻る


●糸紡ぎ【いとつむぎ】極細に捌きほぐして柔らかにした綿を、細い竹管に巻きつけて綿筒(しのまき)とし、これを糸車でコヨリを掛けて糸とすること。
本文へ戻る