三河繊維製品を知る
夢織人イベント情報
産地企業の新着情報
三河縞
ルネッサンス事業

三河繊維産地の今
その歴史
人物紹介

 織物基礎知識

 織物豆辞典

 織物Q&A


古代の繊維三河木綿 ┃綿の栽培法┃綿紡ぎ木綿の売買織機の変遷

【 綿 の 栽 培 法 】
 綿作最盛期の天保4年(1833)の大蔵永常の著書「綿圃要務」に次のような事が、書かれている。

『種蒔期』
・種蒔時節は八十八夜過て蒔事成。

『整 地』
・蒔所の地ごしらへ、早麦を作り、刈取て跡を株蒔にする事あれども、多くは麦を刈りぬ前、中に蒔下す也。

『播種法』
・種1夜水に浸け置、翌朝揚て2日程干也、蒔時は水に塩を少し入れ種を濡し灰をまぶせば、はらはらと一粒椀分る也。
・先麦の中蒔には鍬にて筋を引、其中へ屎に水を加え其筋へ種を蒔卸す、土を鍬にてかけ跡を踏付置か鍬にて叩き付置もある也。
・株蒔とて麦を刈其株の上を鍬にて切割、株上に種を蒔卸其上に土を切りかぶせ踏付置ばよく生る也、雨しげくても痛事なし。

『施 肥』
・1番肥は綿の苗凡そ2寸位に成たる所にて、干鰯を粉にして壱反に6〜7斗を、又油粕ならば3玉〜5玉を穴突にて穴を明、其中に入、土を覆ふ也。
・2番肥は凡そ4〜5寸に伸たる時、干鰯か油粕を一番肥の分量にて施す也。夫より10日過ぎて水肥をする也。
・3番肥は一番肥の半分量を施す也。

『間 引』
・そ3寸位の時、地の湿りたる時、苗の込いった所を抜取る也。
『除草水肥』
・始終草生え出たるに、よく心付て万能にて削り、水肥は始めより終迄3度入る也。

『摘心』
・土用入の頃凡そ1尺5、6寸位に伸る也、此時末の芯を留る也、芯を留故に横へ数本の枝を生じ桃多く付くもの也、桃は壱本に8〜10位付様に育る也、必ず木伸さず随分枝に勢ひ付て、桃太くなる也。
三河地方の栽培法もこの記述通りであり、かっての当地方も裏作を麦作りとしていることから同じ栽培法と思われる。


BACK TOP NEXT


●綿【わた】綿は綿葵科ゴビシウム属の植物である。主として亜熱帯に栽培される。品種は長い栽培の歴史を通じて原種の間で互に交雑しているので、学者によって分類に大差がある。普通は約42種とされ、このうち農作物として重要なものは十数種である。
本文へ戻る