三河繊維製品を知る
夢織人イベント情報
産地企業の新着情報
三河縞
ルネッサンス事業

三河繊維産地の今
その歴史
人物紹介

 織物基礎知識

 織物豆辞典

 織物Q&A



【 木 綿 の 売 買 】
元禄年間(1688〜1703)に多くの綿種が外国から輸入され、年をおって関東から西の諸国に繁殖した。従来の一般庶民の衣料原料たる麻・苧麻等の栽培は圧迫されていった。これは綿作の価格は苧麻に比べ相当高価であったが、織物を仕上げる労働力は木綿の方がはるかに安価であり、結局織物としての価格は綿織物が安く出来、また冷寒を防ぐにもはるかに有効でかつ繊維も強かったからである。

農家の婦女子は自作の綿花で家庭用の綿布を織り、余剰のものは売り一家の収入の一部とするようになった。当地方は、山が海に迫り温暖であるが土地は狭く干害被害も多く、人口密度も年々増加し農地は細分化され貧農化していた当時、副業として綿業は生活に資する所が大であった。当地方の歴史的動機・地理条件を基盤に発生した綿業は、農家の家内工業として営まれていたが、しだいに商品として生産化の過程をたどっていった。



元禄期頃から「棒手振」と呼ばれた綿布の小買人が村々を廻り、綿布を2反・3反と買い集めていった。彼等は買い集めた綿布を一定の仲買人に売り込んだ。買継商は90反を1梱として中継地から集散地の問屋に納めていた。この地方の木綿織物は仲買商から、主に幡豆郡荻原村(現吉良町)買継商の糟谷縫右衛門に引き取られ、平坂・大浜港から船積みされて、江戸の木綿問屋に送られた。糟谷家は木綿の他に、肥料の干鰯・米・味噌・煙草・酒等を扱う大問屋であった(今も糟谷邸は残り、吉良町の史跡として公開されている)
また織物としてではなく、繰綿のし綿あるいは実綿のまま買取られ、塩と同じように馬に乗せられて、信州や各地に売られてもいた。



BACK TOP NEXT


●木綿【もめん】綿の種子からとった繊維のこと。衣料用として広く用いられている。
本文へ戻る


●綿花【めんか】ワタの種子を包む繊維。紡いで綿糸とする。
本文へ戻る


●家内工業【かないこうぎょう】家族を中心に、その家で営まれる小規模で単純な工業。
本文へ戻る


●棒手振【ぼうてぶり】綿布の小買人のこと。
本文へ戻る


●苧麻【ちょま】イラ草科に属する多年生草本で、到る処の山野に自生するが栽培もされている。苧麻繊維は、強靭で光沢、色相共に美しく、冷感を覚えるので、夏季衣料用として常用され、着尺地、洋服地、シャツ地、ハンカチーフ、タオル、ホース、調帯、カンバス、電気絶縁布、タイヤ芯、紐類、釣糸、縫糸、漁網、綱等広汎な用途に供される。
本文へ戻る


●楮【こうぞ】桑科の繊維植物で幹高(1〜3m)の喬木が多く、稀には灌木のこともある。自生するものもあるが、各地に栽植されており、高知、山口、島根、佐賀、熊本の諸県が主産地である。種類は眞楮(麻楮、赤楮、ともいう)高楮、綿楮の3種のい大別できるが、これがまたそれぞれ数種に分れる。
本文へ戻る


●葛【くず】まめ科の繊維植物である。わが国各地、特に鳥取県に多く産し、沖縄、台湾、朝鮮にも育生する。繊維は淡黄色又は灰色でその單繊維は長さ0.95〜4.2cm、巾1.01〜0.02mmで外層はリグニン化している。この繊維を針先で適当の太さに裂いて紡績して糸を得る。この糸を緯糸に用い、経糸に綿叉は亞麻糸を用いて織るのが葛布である。
本文へ戻る


●繰綿【くりわた】綛(かせ)繰り機で綛にした綿糸。
本文へ戻る


●のし綿【のしわた】平たく伸ばした綿。
本文へ戻る


●実綿【じつめん】みわたともいい種子に綿毛のついたままのものものをいう。
本文へ戻る